保証人の代わりになってくれる家賃保証に頼ろう

賃貸保証選びのこつとは

賃貸物件

条件に合った会社がお勧め

不動産経営で賃貸保証会社を選びたいけれど、多すぎてどれを選べばいいのかわからないというオーナーの方もいるでしょう。そのような場合は、まずある一定の条件を絞り込み、その条件を満たしてくれる会社を選ぶようにします。条件とはたとえば、会社の規模やどのような点を保証してくれるのか、原状回復の際の負担はどうなるのかといった点です。無論、これは会社によって違いがあります。元々賃貸保証会社は、滞納金を保証するためのものですが、会社によっては、原状回復費用や残置物の処理費用、そして解約時の違約金などを保証してくれることもあります。無論、会社によってはそれが全く無いこともありますし、また一部しか保証はないものの、最大保証限度額が大きいという賃貸保証会社もあります。また滞納が発生した場合の振り込み日も、賃貸保証会社によって異なります。ある会社は1週間で振り込んでくれますが、会社によっては、毎月指定日のみの振り込みということもありますので、どのような方式がベストであるかを考えたうえで、一番理想に近い賃貸保証会社を選ぶようにしましょう。無論、賃貸経営は入居者がいて、家賃を払ったうえで初めて成り立つものです。ですから、入居者の視点に立って選ぶのも大事です。やはり初回保証料や、更新保証料があまり高くない所を望む入居者は多いですから、オーナーと入居者、それぞれにとってのプラス面を考えたうえで、よく相談して選ぶようにするといいでしょう。