保証人の代わりになってくれる家賃保証に頼ろう

間取り図

不動産投資で安定した生活

本業のみでは収入面が不安で将来の貯蓄も心許ない方は、不動産投資を始めてみると良いです。マンション経営は家賃収入を得られ、コンサルティング業者や管理会社も充実していますので、手間なく経営できるでしょう。住宅ローン活用で、個人でお始めやすいビジネスです。

オーナーにメリットがある

紙幣を数える人

実績と内容を確認する

家賃保証は入居者の連帯保証人を代行するサービスで、不払いのあった家賃の代位弁済もしてくれるので、不動産オーナーとしては利用するメリットが大きいです。入居者側も核家族化が進む現代で、連帯保証人がいないというだけで契約できない状況を解消できるため、空室のリスクを回避する意味でも効果的なサービスといえます。しかし、実際に家賃保証サービスを利用しようとしても、提供する会社は実に様々です。料金体系や提供されるサービスなどを知らないと、信頼性もなく失敗する可能性もあります。せっかくの家賃収入なので、損をしないよう良い会社を選択したいものです。入居者の連帯保証人を代行することがメインとなる家賃保証サービスは、一括借り上げによる管理をするサブリースとは異なります。転貸による管理で空室でも家賃が保証されるのがサブリースのメリットですが、賃貸経営の全てを任せてしまうことになるので、自分の目で見て管理したいという人は家賃保証を利用するのが良いでしょう。家賃が保証されるという意味で同じサービスとして勘違いしてしまうこともあるため、契約時に内容を見て間違いがないか確認しましょう。万が一に入居者が家賃滞納した際も、家賃保証サービス会社が保証人として代わりに支払ってくれますが、その支払いの期日が長いと帳簿を付けるのにも困ってしまいます。毎月の指定日や請求を出した数日後など、対応は会社によって様々なので、自分に合ったところを選択しましょう。また、最大保証限度額の期日や解約時の違約金代理など、保証できるサービスの内容も合わせて見ておくと良いかもしれません。

積み木と人形

自分で管理する負担の考慮

マンションは自分で管理すると負担が大きいことから投資として行うときにはマンション管理会社が利用されています。管理業務を選んで委託することができるため、自分に合った形で取捨選択をして委託しているのです。

賃貸物件

賃貸保証選びのこつとは

賃貸保証会社を選ぶには、まず一定の条件を絞り込み、それを満たす会社を選ぶようにしましょう。たとえば保証の内容や、滞納発生時の振り込み日など、会社によってかなり異なって来ます。また賃貸経営は、入居者があって初めて成り立つものですから、入居者に取って負担にならないシステムの会社を選ぶのも大切です。